銀行の審査に落ちた場合

ディーラーのマイカーローンと比べると、銀行のマイカーローンは審査が厳しい傾向にあります。もしも申込んだマイカーローンの審査に落ちてしまった場合、その原因までははっきりとは教えてもらえないケースが多いです。慌てて違うところをどんどん申込む人もいますが、これはよくありません。短期間にいくつものローンを申込むと申込みブラックになってしまい、いよいよどこからも借りられなくなります。

 

マイカーローンの審査に落ちてしまった時には、その原因を考えます。ここがわからないであちこち申込んでも問題は解決しないからです。審査落ちの理由として多いのは、他社の借入れ履歴に問題がある、ローン契約数が多い、年収と借入額が見合っていない、の3つです。

 

審査ではマイカーローンだけでなく、カードローンや分割支払いなどの利用履歴もチェックされています。他社の返済に遅れがある、過去に長期間の遅れがあった、債務整理をした、という場合、金利よりもローンの通りやすさを重視して探さなければまた審査に落ちてしまうでしょう。

 

現在クレジットカードやキャッシングのカードを複数契約している場合、それらを解約すれば審査に通る場合があります。現在利用していなくても、限度額の枠が残っていれば新たに借入れできる金額に影響がでます。

 

年収と借入額が見合っていない場合も注意が必要です。借り入れ条件なども確認し、年収と借入額のバランスの見直しを図る必要があります。

 

最近では銀行のマイカーローンもネット申し込みが当たり前になってきているので、審査落ちとなってもそこまで時間を無駄にするわけではありません。しかし、だからと言って適当な申し込みをするのはよくありませんので、ネットでマイカーローンの申し込みをする際にはマイカーローンの申し込み方法をよく確認しておきましょう。