銀行のは手間がかかる

マイカーローンをディーラーではなく銀行などで申し込めば、金利が下がって支払総額を大きく抑えられます。ただし、銀行のマイカーローンにもデメリットはあり、手続きの面倒さもその1つです。ディーラーローンと比較して、どの位手続きが増えるのかを考慮しておくべきでしょう。

 

ディーラーローンでは手続きはその場で全て完了するイメージです。販売契約と同時に、ディーラーローンの申込みもしてしまいます。長引く要因がなければ、審査は30分程度で終わります。そのため、ローンの為に改めて足を運ぶ必要もほぼありません。

 

銀行でマイカーローンを組む場合には、銀行選びから始まります。納得のできる金利、待遇のマイカーローンを探したら、審査の申込みもします。マイカーローンの審査は2日程度が目安となりますが、その間は待つしかありません。審査に問題がなければ本契約です。大抵は銀行に2度は足を運ぶ必要があります。書類作成も、自動車販売とは別に行う必要があります。

 

もしもマイカーローンの手続きの面倒さがネックであれば、来店不要のマイカーローンを利用する手もあります。ネットで審査申込みができ、本契約も郵送で行えるので、平日の日中に時間が取れないサラリーマンでも手続きが可能です。

 

銀行のマイカーローンの良い点として、中古車でも金利が変わらない部分があります。販売店ローンだと中古車の場合にはローン金利が高くなりますが、銀行なら中古車でおすすめのマイカーローンを見ても分かるように、新車同様の金利で借りられるのです。