マイカーローンは金利で選ぶようにしたい

主に車を買う際に利用をするローンと言えば、マイカーローンです。ディーラーでのローンもマイカーローンと呼ばれることもありますが、マイカーローンのメインとなるのは銀行です。

 

 

銀行ではメガバンクでも地方銀行でも、またはネット銀行でも、ほとんどの金融機関でマイカーローンの用意があります。ネットで仮審査に申し込みをし、審査回答後の契約は郵送で進められるなど、来店不要でローンの手続きが出来るようにもなっているので手軽です。

 

銀行のローンと聞くと面倒、時間がかかる、借りづらいといったイメージがもたれがちですが、決してそのようなこともありません。最近では銀行のマイカーローンも手軽になっており、それでいてディーラーで組むローンよりも金利が低いと、優れた内容になっているのです。

 

特にネット銀行のマイカーローンは人気が高く、おすすめとされるマイカーローンランキングの上位を見ても、やはりネット銀行のマイカーローンはトップとなります。金利面だけでなく手続きの手軽さも選ばれる理由となっているので、今まで銀行は面倒そうと敬遠してた方も利用を考えてみると良いでしょう。

 

マイカーローンを銀行で組む流れ

マイカーローンを組むなら、ディーラーの言いなりで組むよりも、銀行で組んだ方がお得になります。例えば200万円のマイカーローンを5年ローン、元利均等返済で組んだ場合、ディーラーローンの金利が6.0%だったとして、毎月38,666円、利息だけで合計319.935円払う計算になります。

 

銀行のマイカーローンで、2.0%で組めた場合には、毎月35,056円の返済で済み、利息の合計は103,329円、20万円以上の差が出ます。これだけ差が出るのであれば、ディーラーよりも銀行でマイカーローンを組みたいという人が増えているのも納得です。

 

どうやって銀行でマイカーローンを組むのか

銀行の方がお得だからそっちでマイカーローンを組もう、でも手順は?いつから申込めばいいのか?ディーラーにはなんて説明すればいいのか?実際やろうとすれば色々と疑問が出て当然です。銀行でマイカーローンを組む際には知っておくべきポイントがいくつかあります。

 

マイカーローン比較

まずはどこのマイカーローンを利用すべきかの比較です。金利も重要ですが、支払期間や返済方式の違いによっては、金利が高くても得をする場合もあります。比較する時には返済総額を見るのが確実です。また、保証料などが別途かかるローンもあるので、これらを含めた総額で判断する必要があります。

 

事前審査は早めに

銀行のマイカーローンのデメリットとして、審査に時間がかかります。申込みは余裕をもって行いましょう。マイカーローンの審査は大体2日以内で結果がでますが、お金の支払い時期をディーラーに確認し、できれば支払いの1週間前から準備を行います。

 

申込みから支払いまで1週間あれば十分ですが、審査に落ちてしまうという可能性も考慮しておくべきです。審査に落ちてしまった場合、他のマイカーローンの審査も受ける期間も考えると、余裕を持っておいた方が安心です。審査自体が長引いて1週間かかったというケースもあります。

 

ローン申込みについて

銀行のマイカーローンの申込みをすると、審査があります。審査に問題がなければ本契約です。本契約は来店が必要な銀行が多いので、日程を開けておく必要があります。銀行の営業が平日のみ、しかも15:00で閉まってしまうので、それまでに手続きをしなければいけません。

 

ディーラーへは何と説明すればいいのか

ディーラーへの説明は、基本的に不要です。現金で支払いますと伝えれば十分です。ディーラーにどこどこのマイカーローンを組むと説明する人もいますが、どこでローンを組もうと、ディーラーとのやり取りが現金である点に変わりはありません。

 

ディーラーローンを組むよう勧められるのも面倒になるので、現金で払うと伝え、余計な話をしない方が手続きはスムーズになります。

 

銀行でマイカーローンを借りるにあたっては、ディーラーとの比較よりも、金融機関同士での比較の方が重要です。ディーラーローンはどうせ銀行よりも高い利率となるので比較をする意味もなく、金融機関同士で比較をした方が時間の節約にもなります。

 

低い利率で安くマイカーローンを利用したいと考えるなら、比較が出来るマイカーローン情報サイトの安い低金利マイカーローンで借りるを見ておくと良いでしょう。